「ムチぽちゃメイドカフェ&バー Shangrila」が本オープンしたので行ってきた

DSC_0135

○前回記事

「ムチぽちゃメイドカフェ&バー Shangrila」に行ってきた

プレオープンの時に書いた前回記事が、思いがけずお店の中の人の目に留まったようで、公式Twitterにて紹介していただいた。

また、代表の茶漬けさんからも

とお誘いのメッセージをいただいたこともあり、本オープンしたシャングリラへと行ってみた。

「アキバで1番のピザとコーヒー」とはどれほどのものか、期待しながら新しい店舗へと向かった。

スポンサーリンク

やっぱりおっきなメイドさんたち

「ぽちゃえりなさいませ!」

元気よくお出迎えしてくれるのは、やっぱりとても大きいメイドさんたちだ。

現在、アキバのお店ではいたるところでバレンタイン関連のイベントが行われているが、シャングリラにおいても「バレンタインWEEK」が開催中だ。(~2月14日)

メイドさんたちは普段のメイド服ではなく、バレンタインならではの私服デートコーデに身を包んでお給仕してくれる。また、イベント限定メニューを注文すると、ブロマイドなどが当たるくじが引けるとのこと。

オープンしてから初めてのイベントいうこともあり、時間をかけてしっかりと準備されていたようだ。

広くてきれいな店内

プレオープン時には系列店の「男の娘カフェ&バー NEWTYPE」内のスペースの一部を借りて併設されていた状態であったため、非常に狭く、席数もわずかしか用意されていなかった。

しかし、新しい店舗ではカウンターが10席、テーブルが30席ほどと十分な広さと席数が確保され、平均的な秋葉原のお店よりも広い印象だ。

テーブル同士の間隔もかなり広めに設計されているため、ぽっちゃりメイドたちでもスムーズにすれ違うことができるだろう。

また、開店したばかりなので当然ではあるかもしれないが、非常にきれいで清潔感のある店内となっている。

天井からぶら下げられた照明も、それぞれに個性的な装飾がされているため、 自分好みのデザインのものが見つけられるかもしれない。

キッチンが見える

シャングリラの店づくりにおいて、他のアキバのお店と最も大きな差異を生んでいるのはキッチンの位置だろう。

どの客席からも見える位置にガラス張りで設置されているため、男性シェフが腕を振るっている様子をどこからでも楽しむことができる。

一般的なアキバのお店では、キッチンそのものや妖精さん(男性スタッフ)が見えるのは「メイド喫茶」の世界観を壊してしまうことから、できるだけ目につかないように設計されていることが多い。

やはり、このあたりは「食」にこだわるシャングリラならではのことだろう。

シャングリラの料理は、グルメにうるさいぽっちゃりたちも自信をもっておすすめしている

カップルや女性客の姿も

客層については、やはり男性客のほうが多いようではあるが、カップルや女性客の姿も見ることができた。

「ぽっちゃり女子」「マシュマロ女子」ブームもあって、シャングリラに関心を持つ女性も増えているのだろう。

また、シェフのチャンさんお目当ての女性もいるとのことで、キッチン前のカウンター席が賑わうこともあるそうだ。

アキバのお店には珍しい、女性でも入りやすいお店といえる。

素晴らしい料理たち

料理についてはかなり力を入れているようで、窯で焼いて提供される各種ピザは絶品だ。

DSC_0135

今回はマルゲリータとジュノベーゼというスタンダードな2枚をいただいたが、他にも

「ツナポテトとオリーブの初恋」

「シーフードはにんにくとトマトがお好き」

「貴方の心にハムシュート」

「メイプリンピザ」

といった個性的なメニューがラインナップされているので、次回の来店時に試してみたい。

また、一般的なメイド喫茶同様に、ラテアートも提供してくれる。

DSC_0134

ラテアートは、専門の方からきちんと技術を学んでいらっしゃるとのこと。

また、コーヒーも非常に上質で味わい深く、このレベルの味を提供してくれるアキバのお店はほかに思いつかない。

DSC_0136

冒頭でも紹介した茶漬けさんのコメントにあった、「アキバで1番のピザとコーヒー」という表現も、決して大げさではないだろう。

メニューはこちらから確認できる

http://shangrila-akiba.jp/menu/

まとめ

「ぽっちゃりメイド」という奇抜なジャンルについては一般的には好みがわかれるところかもしれないが、少なくとも「アキバのいい店」として紹介しても恥ずかしくないお店と言える。

ぽっちゃり好きな方はもちろん、そうでない方にもお勧めしたいアキバのお店だ。

○公式ホームページ

http://shangrila-akiba.jp/

○秋葉原駅からのアクセスはこちら

----------------------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする