札幌のメイドカフェAnk crest -アンククレスト-に行ってきた

DSC_0149

札幌の狸小路一丁目にあるメイドカフェAnk crest -アンククレスト-に行ってきました。

現役のメイドさんがオーナーかつ店長を務める、明るく楽しい素敵なメイドカフェでした。

http://ankcrest.com/

メイドカフェのためだけに飛行機に乗って札幌に行ってきた(地方都市メイドカフェ巡り第1弾)

スポンサーリンク

現役メイドさんが2012年にオープン

2016年2月17日でメイド歴9年目に突入したという代表のみゆうさんのプロフィールを拝見すると、

2012年5月18日で、ロミオクロスジュリエッタ卒業。

2012年6月7日Ankcrest オープンしました★

とのことで、もともとは別のお店で働いていた経験を活かして、現在のお店を運営されていらっしゃるようです。

少しお話しできましたが、メイドカフェが大好きで全国のお店を巡られていらっしゃり、メイドさんに関して非常に造詣の深い方でした。

※ロミオクロスジュリエッタ
メイドカフェ
ちゃんとバナーがあるんですね

明るい雰囲気

店内にはカウンター席が20席ほどで、明るくおしゃべりなメイドさんたちがたくさん話しかけてくれます。

お客さんも楽しめるのは当然ですが、メイドさんたちもとても楽しそうにされているのが印象的でした。

その様子はこんなところからも見えました。

DSC_0149

こちらは「お花畑表」、つまりお手洗いに貼ってあった掃除当番表ですが、みなさん自由奔放に記名されていて、何やら楽しげです。

細かいところですが、お客の側からは見えない裏側の様子は、このような部分にあらわれてくるのではないでしょうか。

現在の制服は四代目

制服は青を基調としたもので、個人的には非常にかわいらしいデザインだと思いました。

毎年6月ごろに代表のみゆうさんがデザインし、リニューアルしているとのことで、現在の青いものは4代目になるとのこと。

これまでの歴史は

1代目 みどり

2代目 くろ

3代目 むらさき

4代目 あお

とのことで、例年通りであれば今年も6月には新しいデザインに切り替わると思われるため、今の制服を実際に見てみたい方は、それまでに札幌へ行ってみていただきたい。

おわりに

札幌にいくつかあるメイドカフェの中でも、メイドさんの雰囲気が秋葉原に近いのがAnk crest -アンククレスト-であると感じました。

札幌内他店では、普通の10代~20代の恰好をされているメイドさんが多い印象でしたが、Ank crest -アンククレスト-のメイドさんたちは姫カットやツインテールなどのポイントをしっかり押さえていらっしゃいました。

また、それぞれが個性的でトークスキルも高く盛り上げ上手のメイドさんがそろっているため、初心者や女性でも入りやすい優良店と言えます。

仮に店舗やスタッフたちをそのまま秋葉原に持っていくことができれば、かなりの人気店になれるのではないかと思います。

札幌でメイドカフェをお探しの方は、まずはAnk crest -アンククレスト-から検討されるのが良いでしょう。

以下、2016年2月28日時点のお店の情報を記載しますが、最新の情報については公式ホームページをご覧ください。

札幌メイドカフェ AnkCrest -札幌狸小路のメイド喫茶-

営業時間

月~木 16:00~23:00
金土祝前 16:00~03:00
日祝 15:00~23:00

チャージ料金

カフェタイム 30分/300円(延長 15分/150円)
バータイム(23:00~) 30分/400円(延長 15分/200円)

すすきの駅からのアクセス

----------------------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする