Pepperだらけのケータイショップに行ってきた

「Pepperだらけのケータイショップ」をご存知だろうか。

ソフトバンクが2014年6月に発表した人型ロボットであるpepper(ペッパー)が、接客から提案、契約までを自力で行う期間限定のケータイショップだ。

https://darake.robot.softbank.jp/

スポンサーリンク

表参道で期間限定のオープン

Pepperだらけのケータイショップは、2016年3月26日から3月30日までの期間限定で、表参道にて出展している。

店は三階建てになっていて、それぞれの階ごとに役割を持ったpepperが配属されている。

1階

1階にいるのは、「店長ペッパー」「商品案内ペッパー」「呼び込みペッパー」で、フロア案内・来店者へのヒアリング・商品紹介・混雑状況を踏まえた呼び込みを頑張っている。 商品案内ペッパーが紹介している大画面のタッチパネル「SurfaceHub」では、pepperオリジナルグッズが当たるゲームを開催していたこともあり、たいへんにぎわっていた。Twitterでの反応を見る限りでは、かなり当たりやすいとの評判なので、来店した際には忘れずにチャレンジしておこう。

また、呼び込みペッパーは、カメラに映った来店者の顔を確認し、年齢・性別ごとに来店者数をカウントしているようで、壁に備え付けられたディスプレイに、来店者数とその属性別内訳の表示もされていた。実際よりもいくらか若く見られる傾向にあるようで、私は10代と判定されてしまった。

2階

  2階では、「契約ペッパー」と「商品お渡しペッパー」が待っている。 Pepperだらけのケータイショップでは、なんとpepperがiPhone6Sの契約手続きをしてくれる。全ての手続きができるわけではなく、新規契約とMNPのみ(機種変更は不可)となっているももの、人間の手を必要とせず、自力でスマホの契約手続きができるとはなんとも頼もしい。ちょうど最新iPhoneを検討中だった方は、せっかくの機会でもあるので、pepperにお願いしてみてはいかがだろうか。

また、1階の商品案内ペッパーに紹介されてゲームを行い見事景品を獲得した方は、2階にいる商品お渡しペッパーに当選QRコードを見せると、pepperオリジナルグッズをもらえる。pepperのおでこの部分にはカメラが搭載されているため、その部分にQRコードをかざしてあげると、pepperが読み取り、当選を確認してくれる。pepperが当選を確認した後は、パートナーとしてテーブルの上に置かれているロボットアームが壁から景品をとって渡してくれる。ロボットアームがくねくね動きながら器用に景品の受け渡し準備をしてくれている間も、pepperがユニークな小話をしてくれるため、飽きることなく待つことができる。

3階

3階では、3台の「エンタメペッパー」がおもてなしをしてくれる。コントやダンスなど、様々なパフォーマンスを披露してくれ、ロボットでもここまでできるのかと感じられる。

また、「ソフトバンクでんき」のアピールもされているため、4月から始まる電力小売り自由化に向けて自宅の電気の見直しを検討している方にもおすすめだ。

おわりに

ケータイショップのすべての業務をpepperが自力で行えるようになるためにはまだまだ時間がかかるだろう。今回の企画では、その第一歩としてまずは人間と協業して手続きを行うという形態になっているが、いずれは本当の意味でpepperだけで運営するケータイショップも誕生するだろう。近未来の小売りの姿を感じておきたいという方は、必ずチェックをしておくべきだ。

期間限定であることから、今回を逃すと二度とお目にかかれないかもしれず、興味がある方はぜひ期間中に足を運んでいただきたい。

----------------------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする