クラウドワークスでアンケートを募集してみた(ポケモンGO編)

bsPAK85_graphwoteian20131223

以前より気になっていたクラウドワークスで、ポケモンGOに関するアンケートの募集を開始してみました。

https://crowdworks.jp/public/jobs/753341

前回記事の通り、「ポケモンGOまとめインフォメーション」というサイトを新たに作り始めましたので、そのネタ作りのためです。

これまでにも、同様のクラウドソーシングサービスとしてShinobiライティングは利用したことがありました。

Shinobiライティングはクラウドワークスやランサーズのような総合クラウドソーシングサービスとは異なり、ライティング業務専門に特化したサービスであるため、文章執筆依頼をしたいときには一番便利だと思います。

今回ははじめてクラウドワークスでアンケートを実施したということもありますので、さっそくレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

募集開始までのスピードに驚き

募集開始までのステップとしては、

1.クラウドワークスに会員登録をする

2.発注者プロフィールを完成させる

3.依頼したい仕事のカテゴリを選ぶ

4.仕事の依頼の形式・内容を選ぶ

5.作業単価・募集件数を設定する

6.オプションを選択する

7.プレビュー画面で確認

8.支払い方法を設定し、発注

となりました。8ステップと聞くとやや多いかなと思われるかもしれませんが、実際にやってみると非常にスムーズであっという間に完了してしまいます。

まずは会員登録・プロフィール作成

メールアドレスがあれば登録可能です。また、他のWEBサービスと同様に、SNSやGoogleアカウントでも登録することができます。入力項目は、本名・住所・連絡先など、一般的なものです。個人的な情報は基本的に非公開になっています。

本人確認書類として保険証や免許証などを提出することができますが、発注するにあたっては必須ではありません。ただし、受注者・発注者それぞれ、プロフィール上に本人確認済みか否かの表示がなされるため、きちんと信頼して取引をしてもらえるためにも登録しておくことがおすすめされています。私も住基カードの画像を送付しておきました。

発注内容の設定

プロフィールが登録できれば、次はさっそく発注内容を設定していきます。まずはカテゴリとして「システム開発」「ホームページ作成」「アプリ・スマートフォン開発」「デザイン」「ライティング」など、どのような分野のお仕事をお願いしたいのかを選択します。今回は「タスク・作業」を選択しました。

「タスク・作業」には子カテゴリとして「質問・アンケート」「データ検索・データ収集」「データ入力」「テープ起こし・文字起こし」などといったものが用意されています。今回は「質問・アンケート」を選択しました。

カテゴリを選択すると、そのカテゴリごとに用意されたテンプレがあらわれ、具体的な発注内容を設定していくことができます。今回の「質問・アンケート」であれば、自由記述の質問や単一選択の質問、複数選択の質問など、クリックだけで簡単にフォームを作っていくことができました。

支払金額の確定

発注内容が設定できれば、次は一人当たりの報酬と募集件数の設定をします。報酬額についてはデフォルトが32円になっていたため、とりあえずそのままにしておきました。依頼件数はデフォルトが100件だったものの、ちょっと多めに200件にしました。今回は、この32円×200件=6400円が基本的な料金となります。

また、今回は設定しなかったものの、いくつかのオプションも用意されています。例えば、急いで納品してほしい場合には「急募」「特急ボーナス」などを設定することで、受注者側から見て発注を目立たせることができるそうです。また、より多くの回答を集めるために、「注目オプション」「一斉告知オプション」のようなものもあります。さらに、逆に回答者を絞りたい場合には「NDAオプション」「スカウト」のようなものも用意されています。

基本料金にオプションの金額を加えたものが、支払額として設定されることになります。

支払方法の設定、発注

支払金額が固まったら、支払方法を選択します。一般的なWEBサービスと同様に、クレジットカード払い・コンビニ払いが用意されています。クレジットカード払いであれば、カード情報を入力すれば即座に発注がされ、アンケートの募集が開始されることになります。

ここまでの流れは、ある程度リテラシーのある方であればスムーズに進むと思いますので、こんなに簡単に発注できてしまうのか、と驚かれると思います。

回答状況途中経過

募集開始してから2時間が経過したところですが、現時点での回答数は94件と、すでに半分近くになっています。クラウドソーシングサービス以外で94名にアンケートを取ろうと思ったらかなりの労力と時間を要することを考えれば、大変素晴らしいコストパフォーマンスと言えるのではないでしょうか。

おわりに

まだ進行中の案件のため、まとめることはできませんが、とりあえず今のところは大変満足のいくサービスだと思っています。今後は、今回の回答結果を分析し、記事にすることで今回の発注金額をペイする目論見です。

それでは、また改めて報告させていただきます。

クラウドワークスで募集したアンケートの集計をして記事を作成してみた

----------------------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする