クラウドワークスで募集したアンケートの集計をして記事を作成してみた

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223_TP_V

前回記事の通り、クラウドワークスを利用してポケモンGOに関するアンケートを実施しました。

みなさんにご回答いただいたアンケート結果の集計が完了しましたので、今回はアンケート実施から集計までの流れをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

半日程度で200件の回答が集まる

支払金額・方法の確認をし、アンケートの募集を開始すると、回答が続々と集まります。今回はポケモンGOという現時点で最も熱いトレンドに関するアンケートであったため、ほかのテーマでやるよりもより早く・多くの回答を集めることができたのではないかと想像しています。

今回の案件では、半日もかからずに目標の200件を集めることができました。しかも、その「半日」というのも深夜帯を含む12時間であったため、日中に実施していればもっと早かったかもしれません。

ほとんど選択式、3つだけ自由記述のアンケートという簡単なものでしたが、これだけのスピードでこれだけの数の回答を集めることができるのは驚きですね。

承認作業は手動で実施

回答の集まり具合はリアルタイムで管理画面に表示されていきます。回答内容を1件ごとに確認し、こちらが指定したレギュレーションに沿った回答かどうかをチェックし、問題がなければ承認処理をし、回答者へ報酬を支払います。今回はシンプルなアンケートで、特にレギュレーションは設定していなかったため、細かいチェックはせずに一括で承認をしてしまいました。

ちなみに、コピペチェックツールが搭載されているため、もしもライティング業務を発注した場合には、納品された記事がどこかネット上のコピペではないかをチェックすることができます。SEOを勉強されている方はご存じでしょうが、コピペ記事をアップロードする行為は著作権法に引っかかることに加えて、Googleから重大なペナルティを課せられることになるため、このようなツールがあるのはありがたいですね。特にアフィリエイターの方にとってはGoogleのペナルティにより検索結果から抹消されるのは生活の維持に関わるため、大助かりなのではないでしょうか。

お互いに「ありがとう」を

「ありがとう」ボタンが用意されているので、それを押すことで相手に「ありがとう」を伝えることができます。もらったありがとうの数はプロフィール上で公表されることになるため、今後の取引でより信頼を高めるためにもできるだけたくさんもらっておいたほうがよさそうです。

たくさんのありがとうをもらうためのコツとしては、もちろん発注者・受注者ともに不備なく遅滞なく取引を完了させることが第一でしょうが、こちらから積極的に相手の方にありがとうをしていくのも手でしょう。そうすることにより、「ありがとう返し」が期待でき、何もしないよりも多くのありがとうをもらえるのではないでしょうか。

回答内容をダウンロード

集まった回答は、管理画面からブラウザ上でも確認することができますが、csvファイルとしてダウンロードすることもできます。ダウンロードしたファイルをもとにExcelなど各種ソフトを使って分析をしていきましょう。ここからはデータの分析力が問われ、腕の見せ所ですね。

記事の作成

データの分析ができたら、最後のアウトプットとして記事の作成になります。ライティング力が問われますね。

今回は14問の質問をしたため、いろいろな角度での分析を行うことができますが、まずは第一弾として「Pokemon GO Plus」の購入意向について分析をしてみました。男女別・年代別に購入意向を集計し、グラフの作成をしました。

また、上場企業の売上高について予想を立てたため、念のため風説の流布を疑われないように事実だけを述べ、注意書きも付け加えて・・・

そして出来上がった記事がこちら

【調査結果】ポケモンGOプレイヤーのうち「Pokemon GO Plus」を購入予定は6.5%

まとめ

今回は初めてクラウドソーシングサービスを使ってアンケートの実施をしてみましたが、なんといっても、登録から募集開始、回答集計、記事作成までに1日もかからないスピードに驚きました。また、コストも極めて安価であるため、トライ&エラーもしやすく、数を重ねるごとにより質の良いアンケート実施をすることができるようになると思います。

今回実施したようなちょっとしたアンケートだけでも多くの記事ネタが生まれそうですので、今後の展開を考えていくのも楽しいです。また、アンケート以外にも多岐にわたる分野で募集をすることができるため、アイデア次第で活用の幅が広がりそうです。

⇒今回集めたデータを無償提供することにしました

ポケモンGOに関する200名へのアンケート結果を無償で提供いたします

----------------------------------------------------
Counterparty / カウンターパーティー(XCP)を使って独自通貨「NOGIコイン」を発行しました。こちらのアイコンから100円を寄付いただけると1NOGIをお返しいたします。46コインしか発行していないため、興味のある方はお早めに。詳細はこちらから

Donate with IndieSquare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする